借金返済

借金返済〜解決方法を徹底解剖!

借金返済の問題を解決できる?

借金返済に問題はつきものといってよいのかもしれません。
しかし、それを解決する手立てを知らないまま、一生懸命完済を目指しているという方もたくさんいるはずです。

 

借金返済で問題を抱えている方は、それを解決する方法を考えてみましょう。

 

「頑張って返済していれば、いつかは終わる!」

 

もちろんその通りですが、もっと早く返済したり、負担を軽くしたりする方法を見つけてみませんか
より良い解決方法はきっと見つかるはずなのです。

 

とかく余裕を持てないのが、借金返済時の問題ですね。
返済日がやっと終わったと思ったのに、また次の返済日がやってくる、この繰り返しが長期間続いていきます。

 

返済するためのお金を置いていたつもりでも、足りなくなることもあるでしょう。
返してもまた借りるといった悪循環にはまってしまっている方もいます。

 

金銭的に常に余裕のない状態というのは、生活のあらゆる点に暗い影を落としてしまうでしょう。

 

借金返済の問題を、そのままにしておくことはやめるべきです。
返済先が何社にもなっている、収入のほとんどを返済額に回すという生活を、いつまでも続けられるものではありません。

 

「でも借りたからには返さないと。」

 

この責任感で、一生懸命切り詰めた生活を送っているのかもしれません。
しかし、返済が不可能な状態に陥っていると、そこからどんなに抜け出そうとしても、自分だけでは解決できないこともあります

 

適切な解決方法を選べば、現状を脱出できる可能性も高いのです。

 

返済のゴールを明確にしよう

ひたすら借金返済を続けている、この状況では返済モチベーションを保つことは難しくなってしまいます。
借金返済では、きっちりと返済日に遅れないということも大切です。

 

しかしそれだけではなく、返している本人が「絶対に完済しよう。」と強い決意を持っておき、それをキープすることも重要になりますね。

 

完済までのモチベーションを保つには、

 

借入残高が段階的に減る

借入残高がぐんぐん減っていることを実感できると、「きちんと返そう。」という意欲が保てます。
返済方式を、リボ払いから元金均等方式に変えるだけでも、目に見えて借入残高が減っていくこともあります。

 

返済シミュレーションを見直しましょう。

 

借り換えやおまとめで返済額が減る

金利が下がることで、返済額が減る効果を得られると、お金の面に加えて気持ちに余裕が出てきます。

 

おまとめや借り換え専用ローンでなくても、より低金利のローンを利用できないか検討してみましょう。

 

返済でのゴールをクリアにする

これは完済だけを意味しません。
借金の額によっては、完済以外の手段で完結しないといけないこともあります。

 

債務整理と呼ばれる方法がそれにあたりますね。

債務整理にはいくつか方法があり、最適なものを選ぶ必要があるのです。

 

とにかく、借金の状況をクリアにしないと、どこをゴールにするかも決められせん。
先の見えない状態では、借金返済を終わらせることは難しく感じるはずです。

 

自分で思っている地点がゴールではないこともあります。
現時点までの返済期間がすでに長いなら、少しでも早くゴールに近づく方法を取りましょう。

 

こんな借金返済方法がある

借金返済の方法は一つだけではありませんね。
いくつかの方法がありますが、必ずしなければならないものと、希望によってできる方法があります。

 

希望によってできる方法を選択するかどうかは、借入残高、これまでの返済状況、金銭的な余裕などによって決定するべきでしょう。

 

まず通常、決まった日に返済しているのは約定返済です。
遅れることで遅延損害金などが発生するだけでなく、一定の日数を過ぎると延滞の記録が残ってしまいます。

 

延滞記録は、金融機関だけに残るのではなく、各金融機関が共通して利用できる信用情報機関にも残されるのです。
遅れないように注意が必要でしょう。

 

約定返済日以外に返済するのは、随時返済と呼ばれます。
これは文字通りいつでもお金に余裕がある時に、返す方法です。

 

ローンでの利息は毎日増えていきます。
1日でも早く返してしまうことで、支払う額を抑えることができるでしょう。

 

借金返済のペースを上げたい時には、できるだけ随時返済をしてしまうことをおすすめします。
ローンの中には、1000円単位で随時返済できるものなどもあるため、積極的に取り入れましょう。

 

他には繰り上げ一括返済というのもあります。
これは、借入残高を一括で返済してしまうものです。

 

ここでも、利息が変わることに注意が必要でしょう。
一括返済しようと思っていた日に返済しないと、返済額が変わってきます。

 

直前に残高を確認して返済するようにしましょう。
ローンによっては、一括返済をする場合に手数料が必要なこともあります。

 

返済しないで逃げられる?

返済が辛くなるほど、借金返済は本当に大変です。
返済できない、返済しないで逃げられないかな?という発想になってしまいます。

 

しかし、返済しないで逃げられるものなのでしょうか。

 

まず、借金返済をせずに逃げおおせられるものではないということは、最初に知っておくべきです。
借金の時効といったことも聞いたことがあるかもしれません。

 

しかし、ただ返済せずに放っておいても、時効とはならないのです。
通常社会生活を送っていて、借入先に住所などを知られないように消えてしまうことは無理でしょう。

 

また、たとえ行方をくらましたとしても、そのリスクも大きすぎます。

 

返済の負担が大きい、返済できないというケースでは、別の解決策をとる必要があります。
債務整理がその方法です。

 

債務整理には5種類あります。

 

  • 自己破産
  • 個人再生
  • 任意整理
  • 特定調停
  • 過払い金請求

以上が、借金を返済できない時に法律に基づいて解決する方法です。

 

債務整理の難しい点は、自己破産のように所有の財産を処分しないといけないもの、個人再生のように返済のペースが決まっているもの、任意整理のように和解することが必要なものなどがあることでしょう。

 

それなりに手間や費用、時間を要します。
また、その後の生活やローンの利用などに大きな影響が出てしまうこともありますね。

 

しかし、そのままにしておいても簡単に解決するものではありません。
適切な方法を選び、少しでも早く借金返済を終わらせましょう。

 

自分ではどの方法を選べばよいのか分からない時には、弁護士や司法書士に相談してみるという方法もあります。